アメックスポイントのマイル移行

アメックスのポイントをマイルに移行しよう【アメックス虎の巻】


マイルへの移行についてまとめました

ポイントはアイテムよりもマイルに交換するのがオススメです

アメックス・ゴールドでためたポイントは、提携航空会社のマイルに移行することが可能です。ちなみにポイントの使い道なんですが、数あるアイテムに交換するよりも、マイルに交換する方が交換率がいいのでオススメ。

そこで、ここではマイルへの移行についてまとめてみました。

ポイントをマイルへ移行しよう

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」では、100円で1ポイントがたまります。マイルへの移行は「メンバーシップ・リワード」のままだと2,000ポイント=1,000マイルなんですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録をすると、1,000ポイント=1,000マイルで移行が可能。

「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録は、年間3,000円(税別)がかかりますが、マイルへの移行を考えている人は、登録しないと絶対損なので、必ず登録しておきましょう。

「メンバーシップ・リワード・プラス」のメリットでもうひとつ大きいのが、ポイントの有効期限が無期限になるということです。

通常の有効期限は3年で、一度アイテムに交換すると無期限になりますが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると無条件で無期限になります。

メンバーシップ・リワード・プラス
年間3,240円
メンバーシップ・リワード
1,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
有効期限が無期限 有効期限は3年間
※一度アイテムに交換すると無期限

期限を気にすることなく好きなだけポイントをためておくことができるので、ファーストクラスで海外旅行も夢じゃないです。

マイルに移行すると、各航空会社のマイル有効期限が適応されてしまうので、実際に特典航空券などに交換するまではポイントのままおいておくのがコツですね。
(ただし、ANAは年間に移行できるマイルに上限があるので注意)

提携航空会社はこちら

「メンバーシップ・リワード・プラス」でマイルが移行できる航空会社は以下になります。

提携航空パートナー一覧(15社)

  • ANA
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • タイ国際航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • フィンランド航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • エールフランス/KLM航空

これらの航空会社のうち、日本人が利用するならこの2つ。「ANA」と「ブリティッシュ・エアウェイズ」です。この2社のマイルが断然使いやすいのでオススメです。

では、それぞれのマイル移行の手順とポイントをみていきましょう。

ANA

ANAマイレージクラブ

日本人の場合、まず一番に気になるのがやはりANAですよね。

ANAのマイレージクラブは、ANAの特典航空券に交換ができるだけじゃなく、1マイル=1円相当で電子マネーなどに交換することもできるので、飛行機を利用しない人でもお得に使えるのがポイントです。

移行するには年間5,400円が必要

ただし、ポイントをANAに移行するために必要なのが、「メンバーシップ・リワードANAコース」への登録で、こちらは年間5,000円(税別)かかります。

メンバーシップ・リワードANAコース

「メンバーシップ・リワード・プラス」の3,000円(税別)と合わせると、アメックス・ゴールドの年会費29,000円(税別)とは別に、年間8,000円(税別)が必要になるということですね。

移行は年間8万マイルが上限

さらに、ANAマイルには上限があって、年間80,000マイルまでしか移行することはできません。「メンバーシップ・リワード・プラス」のポイントが無期限だからと、いつまでもそのままにしておくと、いざ移行するときに200,000ポイントあったとしても、80,000マイルしか移行できないということになるので、注意が必要です。

移行するには5,400円(年間)が必要で年間8万マイルが上限です

アメックス・ゴールドのポイントでANAマイルを貯めたいという人は、1年に1度はポイントからマイルに移行しておくのがポイントになります。

ただし、ANAマイルは有効期限が3年になるので、結局使えるのは最高240,000マイルまで。ちなみに240,000マイルあれば、ローシズンならハワイまでビジネスで家族4人行けます。エコノミーでいいならハイシーズンにパリまで家族4人で行けますね。

経費はかかるが使い勝手は◎

ANAマイルに移行する場合は、年会費などで年間39,960円が必要になること、移行は年間80,000マイルの制限があること、この2つをどう考えるかになると思います。

それでも電子マネーや楽天ポイント、Tポイントなど、特典航空券以外にも様々なものに交換できるので、一番オススメと言えますね。

ブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ

次にブリティッシュ・エアウェイズを見ていきたいと思います。ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)はイギリスの航空会社で、JALも加盟しているワンワールドの一員になります。

BAマイルでJALに乗れる

BAのマイルに移行する大きなメリットとしては、BAのマイルでなんとJALにも乗れるという点があります。なのでぜひ押さえおきたいマイルですね。

移行方法ですが、BAのマイレージプログラムは「エグゼクティブクラブ」になるので、まずこちらに登録をする必要があります。ANAと違って利用料はゼロ。アメックスの年会費と「メンバーシップ・リワード・プラス」の3,000円(税別)のみでOKなので、これは大きなメリットです。ちなみにBAではマイルのことを「Avios」と呼んでいます。

BAのマイルプログラムは登録が無料JAL特典航空券に交換OK

ANAのように移行は年間80,000マイルまでという上限がないので、貯めるだけ貯めて以降できるというのもポイントです。

JALマイルよりもメリットが多い

しかもBAマイルは650マイル以内の区間であれば、JALマイルよりもお得。ちなみに東京ー札幌は、JALマイルだと往復15,000かかりますが、BAマイルはなんと9,000というお得さです。

さらに搭乗日当日まで予約OK(JALは搭乗日4日前まで)、家族以外の利用もOK(JALは二親等以内まで)、利用できない期間もない(JALは年末年始・GWなど利用できない期間あり)という、メリットだらけ。

近距離区間ならJALマイルよりかなりお得搭乗当日の交換もOKですK

ANAにこだわらない人であれば、BAマイルに移行してJALの特典航空券に交換するのがお得ですね。

利用するなら近距離で

ただし、BAマイルは遠距離になると必要マイルが一気にあがるので、利用する場合は近距離しておきましょう。JAL国内線の利用がオススメです。

あとは、ヨーロッパ内の移動に利用するのもいいと思います。

アメックスゴールドの申し込みはこちらから

●JALマイルを貯めるなら「セゾンゴールド・アメックス」がおすすめ

それでもやっぱりJALマイルを貯めたい、JALマイルでJALに乗りたい!という人もいると思います。

そんな人におすすめなのが、提携カードの「セゾンゴールド・アメックスカード」です。

年会費が安いのに一流のサービスが受けられることでコストパフォーマンスが高いと人気のゴールドカード

セゾンゴールド・アメックスカードなら、JALマイルへの移行が可能です。

還元率1%でマイルを貯めることができて(セゾンマイルクラブのJALコースに登録する必要あり)、さらに、マイルとは別に永久不滅ポイントが2,000円で1ポイントも貯まるので、実質1.125%とという高還元率。

JALをよく利用する人なら、「セゾンゴールド・アメックス」はかなりお得ですね。年会費が10,000円(税別)と安いのも魅力です。

⇒「アメックス・ゴールド」と「セゾンゴールド・アメックス」の比較はこちら

⇒「セゾンゴールド・アメックスカード」の詳細、申込みはこちら

まとめ

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」で、貯めたマイルは、ANAかブリティッシュ・エアウェイズのマイルに移行するのがオススメです。

このページのまとめ
  • ポイントはアイテムよりもマイルに交換するのがお得
  • メンバーシップ・リワード・プラスに登録しよう
  • ANAかBAのマイルに移行するのがオススメ
  • ANAマイルに移行するには年間5,400円が必要
  • BAマイルでJAL国内特典航空券がお得に交換できる

アメックス・ゴールドのメリットトップページへ

アメックス・ゴールドのメリットについては、トップページから確認することができますよ。