アメックス ゴールド メリット

ゴールドとグリーンの違い/【アメックス虎の巻】ゴールドカードのメリットを知り尽くそう!


ゴールドとグリーンの違いを検証します

ゴールドカードとグリーンカードそれぞれの違いって何?どっちがいいの?

アメリカン・エキスプレス・カードを作る上でまず悩むのが、グリーンとゴールド、どちらにするかということ。

そこで、アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドの違いを詳しくみていきましょう。

アメックス・グリーンってこんなカード

まず、それぞれのカードの位置づけですが、アメックス・グリーンはアメリカン・エキスプレス・カードのいわゆる一般カードで、アメックス・ゴールドはその上位カードにあたるゴールドカードになります。

アメックス・グリーンは一般カードではありますが、他のよくある一般カードとは格が違って、他のクレジットカードのゴールドクラス同等のサービスを受けられるのが特徴。

アメックスグリーンは一般カードですが他の一般カードとは格が違います

さらにアメックスの数々の特典もついているので、コスパが非常にいいカードでもあります。ゴールドカードには特にこだわっていないという人なら、このアメックス・グリーンはとてもオススメですね。

その他、アメックス・ゴールドは海外旅行に特化したサービスが多いので、海外にあまり行く機会がない人もグリーンがお得になります。

コスパが非常にいいカードなので旅行は国内のみでゴールドカードにこだわりがなければオススメです

逆に、海外に良く行く人や、ゴールドカードを持ちたいという人は、迷わずアメックス・ゴールドを選びましょう。

それぞれのカードの違い

年会費
ゴールド 29,000円(税別)
グリーン 12,000円(税別)

まず大きく違うのは年会費。アメックス・ゴールドが29,000円(税別)なのに対し、グリーンは12,000円と半額以下。一般的なカードのゴールドクラスですね。

それぞれのカードの年会費の差は17,000円。この17,000円を払ってでもゴールドにする価値があるのか、これがどちらかを選ぶポイントになります。

家族カードの年会費
ゴールド 1枚目は無料、2枚目以降は12,000円(税別)
グリーン 6,000円(税別)

さらに家族カードの年会費にも違いがあります。ゴールドは1枚目は無料で作れるのに対し、グリーンは6,000円(税別)かかります。

例えば夫婦で持つとすると、ゴールドなら2人で29,000円、グリーンなら2人で18,000円。11,000円の差です。

11,000円の差ならゴールドにしておいた方が何かとお得だと思います。「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を1回利用したら、11,000円はほぼ元が取れますからね。

海外旅行保険
保険金の
種類
ゴールド グリーン
付帯条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡
後遺障害
自動:5,000万
利用:1億
5,000万
傷害治療 自動:200万
利用:300万
100万
疾病治療 自動:200万
利用:300万
100万
賠償責任 4,000万 3,000万
携行品
損害
50万 30万
救援者
費用
自動:300万
利用:400万
200万

ゴールドとグリーンで大きく違ってくるのが海外旅行保険。金額が違うのはもちろんなんですが、グリーンが利用付帯が条件なのに対し、ゴールドは自動付帯でもOKなんです。

ちなみに利用付帯というのは、旅行費用をアメックスカードで払った場合に適用される条件のこと。自動付帯というのは、アメックスカードを利用しなくてもOKという条件のことです。

ゴールドの場合、利用付帯と自動付帯で金額は違ってきますが、支払い手段関係なく保証されるのはすごく大きなメリットだと思います。

海外旅行に良く行く人の場合、ゴールドがやはりお得ですね。

国内旅行保険
保険金の
種類
ゴールド グリーン
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡 5,000万 5,000万
傷害後遺 5,000万 5,000万

では、国内旅行保険はどうかというと、実は国内の場合はどちらも違いはありません。

ゴールドでも利用付帯が条件になります。金額も同じです。

日本国内しか行かないという人ならグリーンで十分ということになりますね。

アメックスグリーンをもっと詳しくみてみる

ゴールドにのみあるサービス
オーバーシーズ・アシスト
海外旅行先で日本語のサポートのことです。レストラン予約や医療機関の手配など、様々なことに対応してくれます。アメックス・グリーンにもグローバル・ホットラインという同様のサービスがありますが、こちらは緊急時の対応がありません。
航空便遅延費用補償(海外旅行)
飛行機の遅延で臨時に出費した宿泊料金や食事代などを補償してくれるサービスです。
キャンセル・プロテクション
突然のケガや入院などで予定していた旅行やチケットを購入していたコンサートなどのキャンセル費用を補償してくれるサービスです。
プリファード・ゴルフ
提携ホテルに2泊以上宿泊することで、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名分)が無料になります。
プライオリティ・パスの利用料が年2回まで無料
「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に登録すると、国内外700ケ所以上の空港VIPラウンジが年2回無料で利用することができます。
ゴールド・ダイニング
ゴールド・カード会員専用のウェブサイト「ゴールド・ダイニング by 招待日和」が利用できます。国内外約200店のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名様分のコース料理代が無料となります。
レストラン優待
世界中から厳選した400以上のレストランにて、飲食代金の20%オフやボトルワインのサービスなどの特典が受けられます。
ゴールド・ワインクラブ
ワインに関する質問や予算に応じたワイン選びの相談など、ワインショップ・エノテカのソムリエやバイヤーが教えてくれるというサービスです。
京都特別観光ラウンジ
京都圓徳院の「京都特別観光ラウンジ」を利用できます。圓徳院は秀吉の正室、北政所(ねね)が晩年を過ごしたところで、重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室等があり、京都の寺院の中でも特に有名な寺院になります。
コットンクラブ
丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB」にて、会員限定の特典を受けられます。
新国立劇場
オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇における現代舞台芸術を高い水準で上演し続けている新国立劇場のさまざまな特典を利用できます。
会員誌(IMPRESSION GOLD)
国内外の旅の情報や様々なイベントに関する記事、ホテルやレストランなどの優待情報などが掲載されている会員誌をウェブ上で閲覧することができます。
ゴールド・カード会員限定イベント
他では味わえないかけがえのない会員限定の体験イベントに参加できます。
プラチナへのアップグレード
アメックス・ゴールドのさらに上のカード「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」へのアップグレードができます。(招待制)

まとめ

アメックス・ゴールドは海外旅行やグルメ、エンターテイメントに特化

アメックス・ゴールドにあって、グリーンにはないサービスを見てみると、海外旅行に関するサービスやグルメ、エンターテイメントに関するサービスがほとんどというのがわかります。

こういったことに全く興味がない人の場合は、年会費の差額17,000円は高いと感じるかもしれませんね。

アメックス・グリーンは非常にコスパがいいカード

でも、逆に言えば、それ以外のアメックスのサービスをゴールドより安い年会費で受けられるので、アメックス・グリーンは非常にコスパがいいお得なカードと言えると思います。

反対に海外旅行やグルメ、エンターテイメントにすごく興味のある人の場合は断然ゴールドがお得。海外旅行に行ったり、ゴールド・ダイニングを利用すれば、結構簡単に元が取れてしまいます。

ステイタスを求めるならゴールド

その他、ステイタスを求めるのであれば、間違いなくゴールドを作りましょう。

海外旅行やグルメに興味がある人やステイタスを求める人はゴールドを選ぶのがオススメ

アメックス・グリーンからアップグレードするという手も

アメックス・ゴールドにしたいけど、ゴールドの審査が通るか心配という人も中にはいると思います。そういう方はとりあえずアメックス・グリーンにしておくのもひとつの手です

アメックス・グリーンで特に問題なく過ごせれば、ゴールドのインビテーションカードがそのうち届くので、そこでアップグレードすればOK。

今の自分にあったカードを選ぶのがポイントです。

アメックス・グリーンはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • 信用のあるカードをもちたい
  • 国内旅行によく行く
  • ゴールドカードにはこだわらない
  • 年会費はなるべく安くしたい
  • 将来的にゴールド、プラチナ、ブラックカードを目指したい

アメックスグリーンの申し込みはこちらから

アメックス・ゴールドのメリットトップページへ

アメックス・ゴールドのメリットについては、トップページから確認することができますよ。