アメックスとApple Pay

アメックスはApple Payに対応してる?【アメックス虎の巻】


アメックスでApple Payを使おう

  

iPoneユーザーならぜひ使いたい電子決済システム「Apple Pay」。

2016年10月から日本でもサービスが開始されましたが、アメックスはこの「Apple Pay」に対応しているんでしょうか。

答えはズバリ!対応しています。

アメックスでは、2017年3月から「Apple Pay」を利用できるようになりました。もちろん、ゴールド、グリーン、両方ともに対応しています。

アメックスはApple Pay利用OKです

アメックス&iPoneユーザーに嬉しい限りですね。

てことで、「Apple Pay」の基本についてと、アメックスでの利用方法をまとめてみました。

Apple Payってどんなシステムなの?

まずはApple Payの基本からみていきましょう。

Apple Payというのは、Apple社による電子決済システムのことで、iPhoneやiPad、Apple Watchなどを使って支払いができるシステムになります。

Apple Pay

私、「Apple Pay」=「電子マネー」って思ってたんですが、厳密に言うとApple Payは電子マネーではないんですよね。これ、最近知りました・・・^^;

Apple Pay自体が電子マネーになっている訳ではなくて、Apple PayにSuicaなどの電子マネーやアメックスなどのクレジットカードを登録することで使えるようになります。

つまりApple Payは、電子マネーを入れておくいわゆるお財布ということですね。

で、実際の決済は、iPhoneなどを通して「Suica」、クレジットカードの場合は「QUICPay」か「ID」の電子マネーで行うという流れです。

Apple Payで利用できる電子マネー

Apple Payで使える電子マネーは、「Suica」、「QUICPay」、「ID」の3種類。

「Suica」はそのままSuicaでの利用ですが、クレジットカードの場合は、「QUICPay」か「ID」での利用になります。

なので、実際にApple Payが使えるのは、「Suica」での交通機関や、「QUICPay」、「ID」が使えるお店ということですね。

Apple Payは、「Suica」、「QUICPay」、「ID」のマークがあるお店で使えます

ちなみに、クレジットカードをApple Payに登録すると、自動的に「QUICPay」か「ID」が割り当てられるようになっています。

で、アメックスはどっちになるのかというと、「QUICPay」になります。

「QUICPay」対応のお店であれば、iPhoneをかざすだけでアメックスが利用できるという訳ですね。

アメックスのApple PayはこのQUICPayマークがあるお店で利用できます

Apple Pay対応の主なクレジットカード会社
QUICPay アメリカン・エキスプレス、出光クレジット、オリエントコーポレーション、クレディセゾン、KDDIフィナンシャルサービス、ジェーシービーグループ、セブン・カードサービス、高島屋クレジット、トヨタファイナンス、ビューカード、三菱UFJニコス、楽天カード
ID イオン銀行、NTTドコモ、ソフトバンク・ペイメント・サービス、ペルソナSTACIAカード、三井住友カード、VJAグループ
Apple Payに登録できるカードの枚数

Apple Payは、1つの端末で8枚までカードを登録することができます。

8枚までであれば、「Suica」、「QUICPay」、「ID」の3種類をすべてを入れてもOK。

なので、「QUICPay」が使えないところでは「ID」で、といった使用ができるので、幅広いお店で使えるのも魅力。

さらに、同じ「QUICPay」でも、複数枚のクレジットカードを登録しておけば、そのお店に応じてクレジットカードを使い分けらるのも便利ですね。

Apple Payまとめ
利用可能な
電子マネー
プリペイド Suica
ポストペイ QUICPay
ID
利用可能な
デバイス
【交通機関、店舗、アプリケーション内、ウェブ上すべてOK】
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus
【交通機関、店舗、アプリケーション内OK】
Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2
【アプリケーション内、ウェブ上OK】
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE
iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3
【アプリケーション内のみOK】
Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2、Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)
【ウェブ上のみOK】
2012年以降に発売されたMacのモデル
Suicaの
利用方法
Suicaカードを読み込むか、アプリを使って新規発行する。
チャージはアプリを立ち上げてクレジットカード決済する。
Apple Payに登録してあるクレジットカードでチャージOK。
QUICPay
IDの
利用方法
対応クレジットカードを登録すると、QUICPayかIDが自動的に割り当てられる。
利用時には指紋認証が必要。

アメックスでApple Payを使う方法

では、実際にアメックスカードでApple Payを使う方法をみていきましょう。

アメックスカードの登録

Apple Payでアメックスカードを利用するには、まずApple Payにカードを登録する必要があります。

その方法ですが、iPhoneやApple Watchの中にあるWalletアプリを起動して登録していきます。

iPhoneの場合は、「+アイコン」→「続ける」→「クレジット/プリペイドカード」とタップしていくと、クレジットカードを読み込む画面になるので、ここでアメックスカードを枠内に入れてカード情報を読み込ませます。

あとは、自動で読み込めなかった項目を入れていって、認証コードの取得、入力で登録が完了します。

iPhoneやApple Watchの端末とカードだけで、ほんの数分で簡単に登録できるので、超便利ですね。

これで色々なお店でApple Payでアメックスカードを使うことができます。

Apple Payの使い方

では、お店でApple Payを実際に使う流れをみていきましょう。iPhoneで使う人が一番多いと思うので、今回はiPhoneでの使用方法をまとめました。

1:QUICPayで払うことを伝える

Apple Payを使う上でまず大事なのは、支払い時にお店のスタッフさんに「QUICPayで支払います」と伝えることです。

Apple Payの場合は、QUICPayの他にID、Suicaが使えるので、どれを利用するのかを必ず伝える必要があるからです。

アメックスが対応しているのはQUICPayになるので、精算時にはQUICPayで支払うことを伝えましょう。

ちなみに、「アメックスで」とは言わないように^^;

2:iPhoneに指を載せて指紋認証する

iPhoneがロックされている場合は、そのままの画面でホームボタンを素早く2回押します。そうすると、「Wallet」に登録されているカードが表示されます。

アメックスカードが表示されていれば、そのままiPhoneに指を載せて指紋認証を行います。

もし、違うカードが表示されている場合は、画面の下に登録されているカードが表示されているので、アメックスカードを選んでから指紋認証を行いましょう。

iPhoneがロックされていない状態の場合は、「Wallet」を立ち上げて、同様に指紋認証を行います。

まめ知識

アメックスをメインカードに設定しておこう

複数枚のクレジットカードを登録している場合は、アメックスカードをメインカードに設定しておくと、最初にアメックスカードが表示されるので便利です。

メインカードの設定は、「設定」→「WalletとApple Pay」→「メインカード」から切り替えができます。

3:レジのリーダーにかざす

指紋認証を行うと、「リーダーにかざして支払う」という表示が出るので、この状態でレジのリーダーにiPhoneをかざします。

「クイックペイ」という決済音が鳴ったら支払い完了です。

まめ知識

Apple Payをスムーズに読み取らせるには?

Apple Payの読み取りはiPhoneの上部で行うので、リーダーにかざす際はiPhone全体をかざすのではなくて、上部をかざすようにしましょう。

Apple Payを利用した時のアメックスの支払いについて

1回あたりの利用限度額

「QUICPay」マークのお店で利用する場合は、1回あたり2万円が上限になります。

「QUICPay+」マークのお店の場合は、1回あたり2万円を超える高額利用も可能です。(ただし、利用可能金額は利用する店舗によって異なるので注意)。

アプリケーション内やウェブ上での決済の場合は、アメックスカードの利用可能枠内までOKです。

ちなみに、Apple Payでの支払いは1回払いのみになります。分割払いやリボ払いは利用できません。

「QUICPay」マーク 2万円まで
「QUICPay+」マーク 2万円を超える高額利用もOK
アプリケーション内
ウェブ上
アメックスカードの利用可能枠内
Apple Payで利用した分の支払日について

Apple Payでアメックスを利用した場合の支払い日は、通常のアメックスの支払日と同じです。通常のアメックス利用分と合算されて請求されます。

Apple Payで利用した分のポイントについて

Apple Payでアメックスを利用した分のポイントですが、通常のメンバーシップ・リワードのポイントがもらえます。

ただし、付帯サービス、特典などの一部については対象外の場合があるようです。

アメックスApple Payキャンペーン開催中

現在アメックスでは、Apple Payキャンペーンを開催中です。

事前にキャンペーン登録をして、期間中に全国の「QUICPay」、または「QUICPay+」マークのあるお店で合計5,000円(税込)以上Apple Payを利用すると、1,000円がキャッシュバックされます。

Apple Payキャンペーンは2018年1月15日(月)までなので、まだアメックスカードを持っていない人は、ぜひこの機会に入会してみてはいかがでしょうか。

アメックスゴールドの申し込みはこちらから

アメックスグリーンの申し込みはこちらから